お仕事完全手仕上げ衣類について

裏地にシワが寄ったままアイロンプレスをしてしまうと・・・

裏地にシワが寄っていると表生地にも影響が出ます。

 

シワが寄った状態でアイロンプレスをしてしまうと・・・光沢の変化が出たり、毛羽の乱れを起こしたり、凹凸を作ったり。

 

良い事なんてありはしませんね。

 

IMG_2365 (640x480)

メンズフォーマルパンツの裏地がシワだらけ。

 

他のクリーニング店(生産時のプレスでもこの状態の可能性もありますが)で付けられたのかも知れません。

 

このままアイロンプレスをしてしまうと、シワ部分のアタリ(凹凸感)やフォーマル生地の光沢変化などが生じます。

 

キチンと裏地を伸ばしてからアイロンプレスをしないと。

IMG_2366 (640x480)

かなり強くプレスをしたようで完全にはシワは伸びきりませんでした。

 

でも凹凸感の無いフラットな状態には出来ましたので、ここからのアイロンプレスとなります。

 

 

どんな仕事でもそうですが、やっぱり基本的な下処理を施さないと良い品質にはなりません。

 

手間暇を掛けてお手入れをさせて頂いています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください