お仕事完全手仕上げ水洗い

コットン(綿)やリネン(麻)のシャツやブラウスのアイロン仕上げ

IMG_2430 (480x640)

こちらはダックス(Daks)のリネン(麻)ジャケットボレロのアイロン仕上げ後の画像です。

 

もちろんWクリーニング(ドライクリーニングと水洗いの2度洗い)をさせて頂いています。

 

(お色が白ですので、水洗いは全体漂白をさせて頂いています)

 

仕上げの際はシワ感を残さないようにしています。

 

リネン(麻)生地ですのでシワ感が残ると、せっかくの清涼感も損なわれますしね。

 

袖付部分の丸みもキレイにアイロンプレスをするように心掛けています。

 

 

IMG_2436 (480x640)

こちらはエポカ(Epoca)のコットン(綿)ギャザーチュニックブラウスです。

 

こちらも当然Wクリーニング(ドライクリーニングと水洗いの2度洗い)をさせて頂いています。

 

袖のギャザーは抑えてしまうと優しい柔らかい雰囲気が損なわれると思いますので、ギャザーの付け根までアイロンを入れています。

 

これがメチャクチャ大変です。

 

アイロンの向きを変えたりしながら地道な作業。

 

その他にもウエスト部分もギャザーが移動出来たのでアイロンを入れています。

 

全体にアイロンを入れていかないと雰囲気が違ってきますからね。

 

 

コットン(綿)やリネン(麻)などのシャツやブラウスはアイロン掛けが面倒ですよね。

 

「どうせ着ればシワになっちゃうし・・・」とアイロン仕上げにこだわらない方もいらっしゃるかも知れません。

 

でも、しっかりとアイロンで仕上げたシワの無いコットンシャツやリネンブラウスに袖を通す心地よさは最高の贅沢だと思いますよ。

 

 

これからの季節、汗の影響を受けたコットンシャツやリネンブラウスなどは水洗いをしてしっかりとアイロンプレスを施しスッキリ爽やかな印象で。

 

 

しかし、今日の大阪・松原市は暑い。

 

朝から30度越えでした・・・。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください