気ままに

黒澤明映画祭

IMG_0235 (478x640)

映画 「 七人の侍 」 誕生から今年が60年。

それを記念して 【 黒澤明映画祭 】 が大阪九条にあるシネ・ヌーヴォで行われています。

先月末のから行われているんですが、ようやくこの連休に行って来ました。

 

 

昨日は本命の 「 七人の侍 」。

 

朝一の上映で、開始時刻よりも早めに行ったのですがすでに並ばれている方も。

会場は満員でした。

3時間を越える映画ですが、やはり何度見ても面白い。

野武士とのクライマックスシーンは本当に圧巻の迫力です。

 

それまでにも侍それぞれの個性や、それを雇う百姓達の素性を浮き彫りにさせたりと人間ドラマに惹きつけられます。

途中トイレ休憩を挟んでの長時間上映も飽きさせない、60年経とうが100年経とうが絶対に色褪せない映画です。

 

 

今日は 「 悪い奴ほど良く眠る 」 と 「 天国と地獄 」 。

 

今日も大入り満員。

僕はどちらかというと黒澤映画の現代劇の方が好きです。

 

どちらも良いんですけどね、強いて言えばって感じで。

やっぱり三船敏郎の影のある哀愁感に惹かれます。

 

「 悪い奴ほど良く眠る 」 も 「 天国と地獄 」 も何度も見ていてストーリーも知っているんですけどね。

「 天国と地獄 」 の新幹線車中でのシーンは本当に息詰まる展開でハラハラドキドキです。

三船敏郎と仲代達矢と同じように窓の隙間から子供の姿を確かめようと必死になってしまいます。

 

「 天国と地獄 」 ラストシーンでの三船さんが着られているスリーピーススーツのジャケット、襟越しが覗いているような気がしましたが・・・。

大きなスクリーンで見たので気が付いたのでしょうか。

 

後、「 静かなる決闘 」 と 「 野良犬 」 も見たかったんですけど日曜日の上映じゃないので残念ながら見られない・・・。

IMG_2566 (640x480)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください