逆効果かも

投稿日: カテゴリー: お仕事しみ抜き

前のブログにも取り上げたんですが、『 市販の染み抜き剤を使って落ちなかった 』というシミって結構落ちにくいんです。

 

落ちにくいというよりも、 市販の染み抜き剤を使ったせいで落ちにくくなってしまった という感じで。

 

染み抜きせずとも簡単にクリーニングだけで落とせるような場合でも・・・まったく動かない場合が。

 

 

正直、市販の染み抜き剤は使わない方が良いように思います。

 

市販の染み抜き剤の中には、僕達が実際業務の中で使用している薬剤も売られていたりするんですけど・・・処理方法を誤ると落ちにくくしてしまう危険性の方が高いように思います。

 

 

僕の場合ですが、シミがある場合「染み抜き処理」で除去するのではなく「クリーニング」の洗いの中で落とすように心掛けています。

 

それでも落ちない場合は染み抜き処理と。

 

 

染み抜きには非常にリスクが伴います。

 

手順を間違うと落とせるモノも落とせなくなってしまいます。

 

 

市販の染み抜き剤って「簡単に一瞬で落とす」という傾向が強いように思います。

 

そんな便利なモノって・・・リスクも高いですよね。

 

落ちたとしても、それは僕達クリーニング業者からみれば「普通にクリーニングすれば落ちる」程度のシミ。

 

 

外出先でシミを付けてしまって困った時に・・・と思われるかも知れません。

 

でも、後々の事を考えると使う事は避けられる方が良いと思います。

 

簡単に落とせるシミが、落ちにくくなってしったりすると大変でしょ。

 

しかも、お出掛けで着られているのですから、そのお洋服はきっとお気に入りだったりするでしょうし。

 

 

しみ抜きは、キチンとした手順を踏まないと落とせるモノも落とせなくなってしまいます。

 

シミを付けてしまったら、何もせずにご依頼下さい。

 

それが一番です。

コメントを残す