衣替えの習慣、シーズン終わりには必ずクリーニングを

今日は去年の1月以来、1年10ヶ月振りにシネ・リーブル梅田に。

ネット予約したチケットの出し方も忘れてましたよ。

 

で、観てきた映画はこちら。

「〈主婦〉の学校」。

学校の存続の為のプロモーション的、または資金集めって感じの映画のように感じましたけど。

 

洗濯やアイロン掛けも教科にあると言う事でしたので、海外ではどんな風に教えているのかなって思って。

アイロン掛けを教えているシーンはありましたが、洗濯方法を教えている場面は無かったです。

僅かにレース織物(カーテンかな)を漬け込んでいるシーンが映りましたが。

白のレース織物だったので漂白の仕方を教えていたのかも知れません。

アイロン掛けは教えている所がありましたが、シワが伸びる理屈・仕組みでは無くて手順のみを教えているようでした。

日本でも一緒ですね。

理屈・仕組みが分かればアイロンの動かし方も変わってくるんですけどね。

実際、卒業生の方がアイロン掛けをしていましたけど・・・やたらとアイロンを動かしていました。

 

後、生徒の方の多くが「服に穴が開くので修理の仕方を覚えたい」って言われています。

虫食いの事ですかね。

そんなに頻繁に虫食いの被害に遭うって事は洗わずにそのまま放置している期間が長いのかな。

と思って衣替えの習慣って無いのかと調べると日本独特の習慣なんですね、衣替えって。

シーズン終わりに衣服をクリーニングする事によって虫食い予防にもなり来シーズンも気持ち良く着用出来る。

ここ最近はシーズン終わりでは無く、シーズン始めにクリーニングする方も増えていますが、やはり衣服の事を考えるとシーズン終わりのクリーニングが正解です。

日本独特の素晴らしい習慣を守って頂いて、シーズン終わりには必ずクリーニングをして下さいね。

 

せっかく久し振りに大阪まで出てきたので帰りに立ち寄りたい場所がありまして。

京セラドーム大阪。

スタバで初カスタマイズ(ホイップ・シロップ多め、氷少なめ)したキャラメルフラペチーノの記念に。

ネットで下調べして予習して行きましたよ。

 

まぁ、目的はこれだけでは無く。

パ・リーグ優勝記念ロゴ。

撮り方を間違えたな・・・京セラっぽい部分を入れておかないと。

 

Osaka Metro「ドーム前千代崎駅」の優勝ロゴも。

クライマックスシリーズファイナルステージも勝ち抜けるように応援しますよ。

何としても日本シリーズに行って欲しい!

頑張れ!オリックスバファローズ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください