着用ジワ

投稿日: カテゴリー: 水洗い, 衣類について

台風が過ぎ去ってから、随分と涼しい。

 

仕事場もここ数日はクーラー要らず。

 

でも明日からまた暑くなるんでしょうね・・・。

 

 

節電の影響か、はたまたこの暑さの影響か分かりませんが例年より汗の影響を受けているお洋服が多いように思います。

 

ビジネスで着用されている場合、いくら巷で「クールビズ」ともてはやされているとは言え、そう簡単には出来ないお仕事もあるでしょうし。

 

汗をたくさん含んだお洋服は、Wクリーニング(ドライクリーニングとウエットクリーニング(優しい水洗い)の二度洗い)もしくはウエットクリーニングのみのお手入れでスッキリさせてあげましょう!

 

 

汗を含んだお洋服は当然水の影響を受ける状態となります。

 

着用時の摩擦などによってシワや色落ちのリスクも高くなりますね。

 

ウールなどは元々繊維に復元力がありますので一定期間休ませてあげると元に戻ろうとする性質があります。

 

なので、上手に着られるとシワなどの影響も軽減させる事が出来ます。

 

 

でも、夏の定番素材である綿や麻といった素材は復元力が乏しいので摩擦や摩耗の影響を受けやすい素材と言えます。

 

特に麻素材は繊維が固くて非常にダメージを受けやすい素材です。

 

例えば着用ジワが付いた状態で、そのまま繰り返し着られるとよりそのシワ部分に負担が掛かって来ます。

 

と言う事は、繊維を傷めたり染色に影響を与えたり(色落ち)させてしまうと言う事につながります。

 

 

避ける為には、着用後は付いたシワを出来る限り伸ばしてあげる事。

 

ウール素材であれば裾を上にして吊るしてあげれば、その重みである程度のシワも軽減されますが・・・綿や麻素材であればそうはいきません。

 

着用後毎回クリーニング(水洗い)に出して頂ければベストな状態にさせて頂けるのですが・・・なかなか難しい事もあるでしょうし。

 

となると、着用後にアイロンでシワを伸ばす事も有効な手段となります。

 

でも、汚れた状態の生地に直接アイロンを当ててしまうと弊害があるかと思いますので、生地から少し浮かせた状態で生地を引っ張りながらスチームを当ててあげる。

 

そうすればシワもある程度伸びてくれるでしょうし。

 

 

でも、どうしても着用ジワは残ってしまうでしょうね。

 

綿や麻といった素材に関しては、その着用ジワも「風合いのひとつ」として楽しんで頂ければとも思います。

 

麻素材のお洋服は、着用ジワがつく事によって味わいが出るとも言われます。

 

着用感やシワ感が出る事で身体に馴染んで来る良さもありますしね。

 

 

いずれにしましても、汗の影響をうけたお洋服は早めにクリーニングを。

 

その際にはWクリーニング(ドライクリーニングとウエットクリーニング(優しい水洗い)の二度洗い)やウエットクリーニングのみのお手入れを!

 

 

 

熊谷選手、ガンバレ!

 

あのPKは見てて気持ち良かった!

コメントを残す