基本手仕上げと完全手仕上げ

投稿日: カテゴリー: お仕事完全手仕上げ水洗い衣類について

店を閉めて、夜間集配に向かおうと思っていたらキレイな光景が。

 

金星と月と木星が一直線に並んでいたらしくて。

(木星は見えなかったんですけど・・・)

 

金星と月は見えましたよ。

9時過ぎに見た時は、お月さんが赤かったけど。

 

 

さて、麻布テーラーのウールスーツのWクリーニング(ドライクリーニングと水洗いの2度洗い)のご依頼です。

 

T様、いつも有り難うございます。

 

ドライクリーニング(デリケート洗浄)の後、優しい水洗い(ウエットクリーニング)をさせて頂きます。

そして自然乾燥で十分に乾燥させた後、人体仕上げ機で荒ジワを取ってアイロン仕上げに移ります。

 

完全手仕上げでアイロンをシッカリとかけて生地を整えます。

 

スチームだけではないので、生地もシッカリとハリ感が出て型崩れしにくくなります。

 

今回は染み抜きもありましたので、納期は2週間頂きました。

 

 

ドライクリーニングのみのご依頼につきましても、完全手仕上げを承ります。

 

 

ドライクリーニングの場合は、メンズウールジャケットのみですが基本手仕上げは人体仕上げ機で荒ジワを取った後、必要な個所(ウエストや衿など)のみ部分的にアイロンを入れます。

(全てをアイロンがけすると・・・小一時間かかりますしね。)

 

完全手仕上げでは、生地全てにアイロンを入れる事になります。

 

ですので時間は掛かりますが、仕上がりはやはりハリ感が出て型崩れがしにくくなります。

 

 

完全手仕上げをご希望の方は、お気軽にお申し出下さい。

コメントを残す