取り扱い絵表示(ケアラベル)

投稿日: カテゴリー: 衣類について

装飾品が施されたインポートのニットです。

普通にドライクリーニングしてしまうと、装飾品の破損というよりも生地自体に影響が出るかもしれません。

 

すごく薄くて編み目の緩やかなデリケートな生地です。

 

 

お手入れに際して、取り扱い絵表示(ケアラベル)を確認します。

 

インポートアイテムですので、海外メーカーと輸入代理店の2つの取り扱い絵表示(ケアラベル)が取り付けられています。

 

 

まずはメーカーの取り扱い絵表示(ケアラベル)。

やっぱり「ドライクリーニング ×」で「水洗い(手洗い) ○」となっています。

 

ドライクリーニングはドラム(洗濯漕)が回転しますので、どうしてもタタキ力や揉み作用が加わってしまいます。

 

動かさずに洗う方法もありますけど、脱液(脱水)の際にはドラム(洗濯漕)が回転しますので負荷が掛かります。

 

今回のケースであれば、ドライクリーニングでは負荷が掛かり生地や装飾品に影響が出る為 「 不可 」 と指定されたのだと思います。

 

実際、デリケートな生地ですのでドライクリーニングは無理かと判断してしまいます。

 

 

一方、輸入代理店が取り付けた取り扱い絵表示(ケアラベル)

「なんだかデリケートっぽいので、とりあえず付けときました」って感じがします。

 

このようなケースは結構あるんです。

 

 

どんなにデリケートで取り扱い難い衣類でも、正確な情報を伝えて頂ければ安全にお手入れする事が出来ます。

 

取り扱いやすい衣類が良い品質だと言われる昨今。

 

デザイン性や風合い・染色などの個性をアピールするのであれば、正確な情報の発信は必要ではないでしょうか。

 

作り手側の意図を把握する事も。

コメントを残す