気ままに

一度でも袖を通したのならクリーニングしましょう

冬物コートなどのアウター類はもうクリーニングされましたか?

この冬は暖かかったですからね、もしかすると防寒目的の厚手のコートなどはさほど着用されていないのかも知れませんね。

「そんなに着ていないからクリーニングしなくても良いのでは」と思われている方もいらっしゃるかも知れません。

でも、一度でも袖を通したのならクリーニングはしておくべきです。

虫食いの被害に遭われているウールのお洋服も多いですからね。

厚手の生地であれば穴が空くまではいかないですが、生地表面が凸凹した状態になったりします。

虫食いの被害を防止するには防虫剤に頼るだけではなく、クリーニングする事が一番です。

オーバーサイズコートなど一度でも着用された冬物コートは必ずクリーニングして下さいね。

一般の方は着用する時にクリーニングの事を考えたりはあまりしないですかね。

僕はクリーニング業者なので着用する時は同時にクリーニングの事をどうしても考えてしまいます。

(一度でも袖を通すとクリーニングするのは当たり前の事ですので)

クリーニングをするとやはりアイロン仕上げもしなくてはいけないのでその手間を考えると・・・さほど着ないのであればやめておこうかと。

どうしても着ないといけない場合は除いて、大抵がそんな感じですね。

クリーニングするのであれば、やはりしっかりと仕上げたい。

その為には手間暇が掛かってしまう・・・。

根が横着者ですので、なんかそんな風に考えてしまうんです。

アイロン仕上げを始めると集中出来るんですけどね・・・。

スーツも以前は着る機会が多かったのですが、今は少なくなりましたのでジャケットとパンツのいわゆるジャケパンの方が多くなりました。

コートも厚手のチェスターコートより使いまわしの良いコートに手を伸ばすと言った具合に。

おかげでチェスターコートなんて数年袖を通していないな。

とまぁ、これはクリーニング業者だから考える事なのでしょうけど。

ていうか、変わり者の僕だけですね。

クリーニング業者の立場から考える洋服との付き合い方みたいなものもこれからお伝えしていこうかなと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください