気ままに

ロビン・ウィリアムズ

ロビン・ウイリアムズを知ったのは高校時代の同級生の友人から勧められた一本の映画でした。

139246_01

チャーミングな笑顔の影に物悲しさが同居する、愛おしい俳優さんでした。

 

「グッドモーニング・ベトナム」「レナードの朝」など、やっぱり彼でなければ表現出来なかった。

 

非常に残念です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください