ブルネロクチネリ コットンブラウスのお手入れ

投稿日: カテゴリー: お仕事気ままに衣類について

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)のコットンブラウスをお預かり致しました。

 

お客様は汗の影響を気にされているご様子。

 

ケアラベルを見ると、ドライクリーニングOKで水洗い×。

 

 

カットソーの上から羽織るように着られるのか、素肌に着られるのか。

 

お聞きすると、その時々によって違うと。

 

夏場は背中の方も汗の影響を受けますしね。

 

全体的に水洗いする事がベストですし、拝見すると問題ないように思うのですが・・・。

 

ただ1点、気になる箇所が。

袖の折り返し部分の雰囲気を水洗い後のアイロンプレスで復元出来るのかという事。

 

かなり甘く緩やかに折り返しておられます。

 

この雰囲気を出すには一旦縫われている糸を解いて一枚布にして、新たに縫製していかないといけないようです。

 

ただ、なかなか解くのも困難です。

 

それに、一旦解いてしまうと元の状態のように縫製出来るのか。

 

料金面も含めて、かなりのリスクが伴うように思いました。

 

ですので、その旨をお客様にお伝えすると 「 袖の雰囲気は大切なので、そのままにして欲しい 」 との事。

 

初めてのお客様という事もあり、今回はドライクリーニングでのお手入れをさせて頂きました。

 

 

とはいえ、衿腰と脇の汗ジミの部分的な水処理は施しています。

 

ただ、全体的な汗の影響も気になりますので次回お預かりさせて頂いた時は全体を水洗いする事をオススメさせて頂こうと思います。

 

それまでに信用して頂かないといけませんけどね。

ブルネロクチネリ コットンブラウスのお手入れ” への1件のフィードバック

コメントを残す