ヌメリ感

投稿日: カテゴリー: 衣類について

台風が去ってから、ホントに朝が涼しくて助かります。

 

日中はアイロン仕上げをしていると、やっぱり暑いですけど・・・。

 

でも、いう程ではないですしね。

 

なんとか、このままで・・・。

 

 

アクリル素材のニットアイテムで、すごくヌメリ感のあるアイテムをお預かりする事があります。

以前からマフラーなどに多かったように思っていたんですけど、最近ではセーターやニットジャケットなどあらゆるものに。

 

(僕が気付かなかっただけかも知れませんが・・・)

 

 

アクリルは、合成繊維の中ではウールに近い風合いを持っています。

 

かさ高性(ふんわりとボリュームがある)があり、かつ柔らかくて保温力もある。

 

その為にセーターやマフラーなど、ウールと混紡もしくはアクリルのみでウールに似せたアイテムに使われています。

 

 

でも、風合いの面ではとてもウールを真似できなくて・・・。

 

やっぱり合成繊維の質感が。

 

と言う事で、ヌメリ感を与える加工をされているのかも知れません。

 

 

で、このヌメリ感。

 

ドライクリーニングをするとスカッと落ちてしまいます。

 

でも取り扱い絵表示は「ドライ○」「水洗い×」とかになっていますし。

 

こんな場合は、やはり水洗い(ウエットクリーニング-優しい手洗い)でお手入れをさせて頂いています。

 

 

風合いの事などを考えながら洗う事って結構大変なんです。

 

失った風合いは、なかなか元通りに戻せませんので。

コメントを残す