シャツと糊

投稿日: カテゴリー: 衣類について

本当にお天気が良い。

 

 

今日、当店に来られた資材商さんは半袖のポロシャツ姿。

 

朝晩はさすがに冷えますが、日中は25度前後と夏日ですもんね。

 

 

でも、もう11月ですよ。

 

今年も残り2カ月とか言う時期なのに・・・。

 

 

そう言えば、昨日たまたまつけたTVでキャスターの方が気象予報士さんに「夏物を仕舞うのはいつですか?」と聞かれていました。

 

ちょっとビックリしてしまいました。

 

と言う事は夏物を仕舞うタイミングを計らっている方も、まだ多いんでしょうか。

 

 

 

とにかく、忘れずにクリーニングして下さいね。

 

 

話は変わって、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna) のシャツです。

右のシャツはドレスライン、左のシャツはカジュアルなライン。

 

洗浄方法は変わらない(漂白工程を入れるかという差はありますが)のですが・・・ひとつだけ違う事が。

 

 

それは糊。

 

 

右のドレスラインのシャツは糊なし。

 

左のカジュアルラインのシャツはうす糊(衿、カフスを普通の糊加減に)。

 

 

やはり生地の質感が違うので、生地によっては糊によって風合いが損なわれる事にもつながります。

 

 

とはいえ、それはお客様のお好みですが。

 

 

当店では、基本的な糊付けはこのようになっています。

 

お好みの糊加減をお伝え下さいね。

コメントを残す