お役にたてれば衣類について

シートベルトに気を付けて

先日、はがきが届きました。

一昨年、高知に行った時に作った「龍馬パスポート」。

 

その時に色々施設を周ってポイントを貯めて申請していたら後日金券が当たったんです。

で、その金券もあるし行こうと去年の秋に計画していたのですが・・・ちょうど台風に重なってしまい敢え無くキャンセルに。

中岡慎太郎記念館に行って、帰りは丸亀城にも立ち寄ろうと考えていたのですが。

 

今年も計画しようか・・・秋くらいまでには自由に動けるようになるかな・・・。

これほどまでに長期戦になるとは想像していなかったですもんね。

もうかれこれ2ヶ月程になりますけど、まだ先が見えていないような感じにも思えます。

とにかく出来る限りの防御策を取って何とか乗り切りたいものです。

 

 

さて、ここからは衣服の話に移って。

 

これは自分のウールパンツなのですが、前立て部分に擦り切れた傷を見付けました。

始めは「???」と思いつかなかったのですが、考えてみると車が原因でした。

 

「シートベルト」。

 

座ってシートベルトを締めるとちょうどベルトの端が当たる位置。

運転中に擦れるのか、外す時に勢いよく滑って擦れてしまうのか。

気付かない間にダメージを受けていました。

 

それに気付いてから、「シートベルトカバー」を買って装着しています。

クッション性もあるので、購入以来傷付く事も無くなりました。

傷付いて破れるまでにはいかずとも、軽度でも色が薄く剥げてしまっている場合もあります。

 

車を運転される方は一度注意してみられてはいかがでしょうか。

「シートベルト」って結構イタズラしてしまいますからね。

車に乗られる際は衣服への影響も考えないと。

「シートベルト」が原因のものは、またご紹介させて頂きます。

 

衣服を傷める原因は着用中の行動がほとんどだとも言えます。

着用する場所や目的などTPOに合わせた洋服選びをする事も長持ちさせる秘訣です。

丁寧なクリーニングと合わせて頂いて、より長くお気に入りのお洋服を楽しんで下さいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください