シルクネクタイの染み抜きとアイロン仕上げ

投稿日: カテゴリー: お仕事, しみ抜き, 衣類について

シルクネクタイの染み抜きです。

 

何度もノットを作っていると、触れる部分が汚れてしまう事があります。

通常のクリーニング(ドライクリーニング)では落ちきらないので、染み抜きしましょう。

 

スッキリとキレイになります。

 

 

大分と使用感があり、シワも入っていたのでアイロンを当てて生地を整えました。

 

 

シルクネクタイの場合、スチームを生地に当てる事は厳禁です。

(上質な生地の場合は特に)

 

スチームは繊維に凄く影響を与えます。

 

一枚布の場合であれば、生地を整える事も出来ますが・・・ネクタイの場合は生地のハリ感が無くなってしまったり、アタリ(凸凹感)が出てしまったりします。

 

 

ですので、アイロンの熱だけで生地を整えます。

 

 

極端に酷いシワでなければ、生地表面のみの繊維が影響を受けているだけだと思われますのでアイロンの熱だけでもシワは取り除けます。

 

キツク入ってしまっているシワは、スチームではなく水(霧)を噴霧してからアイロンの熱で仕上げるんですけど・・・輪ジミが出来る恐れがあるのでご自分ではされない方が良いです。

 

 

クリーニングの際も非常に神経を使うアイテムです。

 

クリーニングで余計なシワを作ってはいけませんからね。

コメントを残す